瓶ビールを注ぐときのマナー

瓶ビールを注ぐときのマナー

飲み会で欠かせない飲み物といえばビールではないでしょうか。

 

居酒屋やお店に到着してまずビールを注文して乾杯をしてから、
その後またビールを飲むか他のお酒に切り替えるケースがほとんどです。

 

社会人になってから飲み会に参加する機会も増えるでしょう。
ビールを注文するときに
グラスやジョッキでオーダーすることもありますが、
瓶ビールを頼んでそれぞれのグラスに分けるように
オーダーすることもあります。

 

瓶ビールの場合は自分たちでお酌をしなくてはいけませんので、
その時のマナーを心得ておくと役立ちます。

 

昔と比べると瓶ビールを飲む機会は減りましたが、
大勢の人数が集まる飲み会や結婚式では
まだ瓶ビールが登場する機会が多いのです。

 

その場で恥をかかないためにも
若いうちにマナーを身に着けておいた方がいいのです。

 

ビールを注ぐときの瓶の持ち方ですが、
ビール瓶の中ほどを右手で持って、
先端の細い部分に左手を添えるのが基本姿勢です。

 

この時に注意するのがビールのラベルが見えるように持つことです。
ビールもメーカーによって味が違い
好みが分かれることがありますので、
きちんとどこのメーカーのビールなのかがわかるようにして注ぐのがマナーです。

 

また添える左手ですが、
あまりにも注ぎ口に近い部分に手を添えると
不潔な印象を与えてしまいますので気を付けましょう。

 

またビールを注ぐときですが、
コップに瓶がぶつかって音をたてるのもマナー違反になりますので、
グラスに瓶を近づけるときは慌てずゆっくりと近づけるようにしておきましょう。
 

関連ページ

無礼講でも必要なマナーについて
無礼講でも必要なマナーについて
飲み会で見落としがちなマナー
飲み会で見落としがちなマナー
得意先、会社の上司との飲み会マナー
得意先、会社の上司との飲み会マナー
上手なお酒のお替りの進め方
上手なお酒のお替りの進め方
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意
乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意
焼酎のお湯割りの上手な作り方
焼酎のお湯割りの上手な作り方