マナー

マナー記事一覧

「今日は無礼講だから」と言われたからといって、お酒の席だから何をしても許されるという訳ではありません。あくまでも「今日は楽しんで」という意味だと解釈し、マナーや気配りは必要だと肝に銘じておきましょう。では、どのようなマナーや気配りが求められるのでしょうか?まず大切な事は、職場の飲み会はあくまでも仕事の延長であるという認識を持つ事です。そのため飲みすぎて、はしゃいでしまう、上司に迷惑をかけるという行...

居酒屋をはじめとした様々な場所で開催される飲み会ですが、皆さんはその幹事になったときどんなことに注意しているでしょうか?今回は、飲み会を円滑に進めるためのマナーについてご紹介します。飲み会で欠かせないのが乾杯の音頭と挨拶です。飲み会の司会が通常幹事が執り行いますが、挨拶や乾杯の音頭は目上の方にやってもらうのが一般的ですよね。そのお願いをなるべく早い段階で済ませておくと、飲み会の当日になってから焦る...

飲み会で欠かせない飲み物といえばビールではないでしょうか。居酒屋やお店に到着してまずビールを注文して乾杯をしてから、その後またビールを飲むか他のお酒に切り替えるケースがほとんどです。社会人になってから飲み会に参加する機会も増えるでしょう。ビールを注文するときにグラスやジョッキでオーダーすることもありますが、瓶ビールを頼んでそれぞれのグラスに分けるようにオーダーすることもあります。瓶ビールの場合は自...

社会人になってから会社の飲み会、学生時代の友人と、女子会、得意先との接待などさまざまな趣旨で飲み会に参加する機会が増えてくると思います。社会人になってからの飲み会では社会人としての常識が問われる場面でもありますから、飲み会でのマナーはしっかりと心得ておいた方がいいのです。会社の上司や得意先との飲み会の参加するときに、気を付けたい点が待ち合わせ時間の厳守です。飲み会となると会社の仕事とは別だと考える...

飲み会のとき、グラスの中のお酒が少なくなっていることに気が付いたらお酒のお替りをすすめるようにしましょう。中にはお酒を飲みたいのに遠慮して言い出せなかったり、他の飲み物が飲みたくて待っている方もいるかもしれないからです。飲み会の幹事ではなくても周りの人でそういった人を見かけたら、率先して声をかけてあげることで気配りのできる人だと思われるようになります。まずグラスの中のお酒がどの程度に減っていたら、...

人数の多い飲み会を開く際に欠かせないのが「幹事」です。特に、年末年始の忘年会や新年会などが集中する時期には幹事の存在が不可欠となります。ですが、その分幹事の仕事はとても大変になり、中には「幹事はやりたくない」という人も出てきます。とは言え、幹事が居なければ飲み会は始まりませんから誰かが役目を引き受けなければなりません。そこで、本稿では幹事をする際に抑えておくべきポイントをいくつか紹介していきたいと...

飲み会の時は始まりに乾杯をして、その時にビールを飲むケースがほとんどです。飲み会の時に心得ておきたいマナーの一つが乾杯時のマナーです。上司や先輩が出席する会社の飲み会、得意先の方を招いての飲み会の乾杯時は必ず誰かが乾杯のあいさつをしてから乾杯の音頭をとってくれるはずです。当然ですがその時のあいさつはしっかりと聞いておくのがマナーです。そして乾杯時に参加者がグラスを交わすと思いますが、その時にも実は...

友達や親しい友人との飲み会は自分の好きな種類のお酒しか基本的に飲まないと思いますが、会社の上司や目上の方との飲み会に参加することになったら、ある程度お酒に関するマナーや作り方を覚えておくと役立ちます。数年前に焼酎がブームになって以来、焼酎の取扱いを豊富にした焼酎バーなども増えてきました。そして飲み会の時も焼酎をボトルでオーダーして飲むお客様も増えて、一般の居酒屋でも焼酎ボトルを置くところが増えたの...