得意先、会社の上司との飲み会マナー

得意先、会社の上司との飲み会マナー

社会人になってから会社の飲み会、
学生時代の友人と、女子会、
得意先との接待など
さまざまな趣旨で飲み会に参加する機会が増えてくると思います。

 

社会人になってからの飲み会では
社会人としての常識が問われる場面でもありますから、
飲み会でのマナーはしっかりと心得ておいた方がいいのです。

 

会社の上司や得意先との飲み会の参加するときに、
気を付けたい点が待ち合わせ時間の厳守です。

 

飲み会となると会社の仕事とは別だと考える方も少なくありません。
それなので友達を待ち合わせをする感覚で
少しくらい時間に遅れてもいいだろうと考えてしまいますが、
飲み会もまた立派な仕事の一つです。

 

開始時間に遅れてしまうとルーズな人間だと判断されてしまいますし、
新人だったら時間厳守はなおさらです。

 

飲み会の会場には待ち合わせ時間よりも早く到着しているべきですし、
上司や先輩と一緒に会場に向かう時は
自分が先頭を経って歩くのではなく、
後ろに下がってついていくようにしましょう。

 

そして飲み会の会場に着いたら、座る場所にも注意が必要です。

 

ビジネスマナーを学んだ時に出てきたと思いますが、
役職的にえらい方から上座に座っていただくのが常識です。

 

上座とは入り口から最も離れた席になりますので、
最初にそこに上司や先輩、得意先の方を座らせるようにしましょう。

 

参加者の中で自分が一番年下であった場合は、
最も入り口に近い席に座りましょう。

 

入り口に近い席に座ったら、飲み物や食べ物のオーダーをするとき、
何か用があるときに率先して店員さんを呼ぶ役割を引き受けましょう。
串揚げ えんという居酒屋で接待をしましたが、なかなか良かったです。

関連ページ

無礼講でも必要なマナーについて
無礼講でも必要なマナーについて
飲み会で見落としがちなマナー
飲み会で見落としがちなマナー
瓶ビールを注ぐときのマナー
瓶ビールを注ぐときのマナー
上手なお酒のお替りの進め方
上手なお酒のお替りの進め方
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意
乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意
焼酎のお湯割りの上手な作り方
焼酎のお湯割りの上手な作り方