乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意

乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意

飲み会の時は始まりに乾杯をして、
その時にビールを飲むケースがほとんどです。

 

飲み会の時に心得ておきたいマナーの一つが乾杯時のマナーです。

 

上司や先輩が出席する会社の飲み会、
得意先の方を招いての飲み会の乾杯時は
必ず誰かが乾杯のあいさつをしてから乾杯の音頭をとってくれるはずです。

 

当然ですがその時のあいさつはしっかりと聞いておくのがマナーです。
そして乾杯時に参加者がグラスを交わすと思いますが、
その時にも実は気をつるべき点があるのです。

 

それはグラスの高さです。
目上の方が同席する飲み会の乾杯時は、
目下の人は目上の方と同じ高さ、
もしくはそれ以上の高さでグラスを交わすのはマナー違反になるのです。

 

これを知らない方は少なくありませんので、
今後飲み会に参加するときは気を付けるようにしてください。

 

また乾杯が終わっても、注がれたビールを飲むときは
周りが口をつけたかどうかをしっかりと確認してから
飲み始めるようにしましょう。

 

乾杯後もビールを口に付けるのは基本的に目上の方が優先です。
目下の者は乾杯が終わったからと言って
自分が率先してビールを飲んではいけないのです。

 

最初の乾杯でビールを飲み干してしまう方が見れたら、
率先してビールをついで回る、
もしくは他のお酒を希望する場合は
その注文を店員さんに行うのも下っ端の役割になります。

 

食事に手を付ける順番も同様です。
基本的に目上の方から食べていただくのが基本ですから、
料理を食べるときは最初に目上の方が箸をつけてから
自分も食べるようにするのがマナーです。
 

関連ページ

無礼講でも必要なマナーについて
無礼講でも必要なマナーについて
飲み会で見落としがちなマナー
飲み会で見落としがちなマナー
瓶ビールを注ぐときのマナー
瓶ビールを注ぐときのマナー
得意先、会社の上司との飲み会マナー
得意先、会社の上司との飲み会マナー
上手なお酒のお替りの進め方
上手なお酒のお替りの進め方
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
焼酎のお湯割りの上手な作り方
焼酎のお湯割りの上手な作り方