上手なお酒のお替りの進め方

上手なお酒のお替りの進め方

飲み会のとき、
グラスの中のお酒が少なくなっていることに気が付いたら
お酒のお替りをすすめるようにしましょう。

 

中にはお酒を飲みたいのに遠慮して言い出せなかったり、
他の飲み物が飲みたくて待っている方もいるかもしれないからです。

 

飲み会の幹事ではなくても
周りの人でそういった人を見かけたら、
率先して声をかけてあげることで
気配りのできる人だと思われるようになります。

 

まずグラスの中のお酒がどの程度に減っていたら、
お替りを進めるタイミングなのかというと、
目安は3分の1程度です。

 

飲み会の場合ビールを乾杯時に
ジョッキや瓶で頼むことがありますが、
お替りをする際は必ず
「ビールでいいですか」と一言聞いてからビールを注ぐようにします。

 

グラスが空になっていてもまたビールを飲みたいとは限りません。
それなのに自分の勝手な判断で
ビールを注いでしまっては相手に迷惑になります。

 

もしもビールがいらないと言われてしまったときは、
何か他に飲みたいものがないかどうかを聞いてあげるといいでしょう。

 

もしも他の飲み物を希望される場合は、
お店の方に注文してあげる、
もしくは幹事さんに伝えてまとめてオーダーしてもらうようにします。

 

飲み会の参加者の中には、
周りの人にもお酒を飲むことを強くすすめてくる方がいますが、
そういった行動は控えましょう。

 

中にはお酒が強くない方もいますので、
無理して飲ませて具合を悪くさせてしまっては大変だからです。

 

無理に進められた場合でも、
上手く断る飲むふりだけするなどして
相手をうまくかわすコツを覚えましょう。
 

関連ページ

無礼講でも必要なマナーについて
無礼講でも必要なマナーについて
飲み会で見落としがちなマナー
飲み会で見落としがちなマナー
瓶ビールを注ぐときのマナー
瓶ビールを注ぐときのマナー
得意先、会社の上司との飲み会マナー
得意先、会社の上司との飲み会マナー
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
飲み会の幹事なら知っておきたいいくつかのポイント
乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意
乾杯時、料理を食べるときのタイミングに注意
焼酎のお湯割りの上手な作り方
焼酎のお湯割りの上手な作り方