旬のおつまみ・若竹煮

旬のおつまみ・若竹煮

ビニールハウスや、輸入品、冷凍食品などのおかげで、私たちは年間を通じていろんな食材を食べる事ができます。
そのため、どの野菜や果物が、どの季節が旬なのか?よく分からないという人も少なくないでしょう。
しかし、やはり、旬の味覚というものは、季節を感じられますし、
旬の時期に食べるのが1番栄養価も高く味も美味しいと言われています。

 

例えば、和食居酒屋で春先に「若竹煮」がメニューにあると、嬉しいですよね。
たけのこは、自分で調理をするのには、いささか面倒な食材だと言えます。
とにかく鮮度が重要で、掘ってすぐだと「たけのこの刺身」として生でも食べる事が可能です。
しかし、時間が経過すると、すぐにアクや苦味が出てしまい、味が落ちてしまいます。

 

そのため、美味しいたけのこを食べようと思ったら、鮮度のいい食材を、すぐに下茹でしてアクを抜く必要があります。
日本には600種類以上の竹が存在すると言われています、ですがそのうちで食べられるものは6種類しか存在しません。
1番メジャーな品種は孟宗竹と呼ばれる品種で、柔らかく香りがいいのが特徴です。

 

たけのこはタンパク質、ビタミンB1、B2 、食物繊維、チロシンが多く含まれます。
チロシンには、老化防止の効果があります。
たけのこは、あまり食べる機会がないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、実はラーメンに入っているメンマがたけのこだって知っていますか?
たけのこは、そのままの状態では長期保存が難しいので、干して保存をします。
メンマは加工品で、たけのこを蒸して塩漬けにし、発酵させた後に天日乾燥させたものなのです。

 

 

関連ページ

柿の種の豆知識
柿の種の豆知識
食べ放題の居酒屋で飲み会
食べ放題の居酒屋で飲み会
カレーがおつまみ?
カレーがおつまみ?
その土地の定番のおつまみを楽しむ
その土地の定番のおつまみを楽しむ
居酒屋選びのキホンを知ろう
居酒屋選びのキホンを知ろう